CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
チョンボ
先週末に仕事でやらかした大チョンボがもとで忙殺状態となり、その埋め合わせをするために必死こくも結局埋めきれずにダウンし、そのまま週末になだれ込む管理人です。

あー。頭痛がなりやまないんじゃよぉトニー。

月末月初までにはどうにか片付いておりますように、七回ほど祈りますかねぇ。
| ウェブログ | 22:23 | comments(0) | - | -
ブクログ始動
なんかブログがドえらいことになってますな。
ようやっとブクログという読書習慣アプリを使い始めることにした管理人です。

や。1日1冊レビューということで、感想自体はちょいと書き溜めていたのですけどね。
結局、お気に入りの1冊を決めるのは保留した次第で。やれやれだ。まあ、焦らずゆっくりと決めようかねトニー。

とりあえず、ウィザーズブレインのEP1〜5までをあげてみました。なんか6以降はあんまし感想が思い浮かんでこないのよねぇトニー。やはり読み返した回数が違いますか。
これを機にEP6以降を読み返してみようかとも考えたのですが……んー。どうにも最近はウィザーズブレインに対しての熱が冷めきっていると言いますか。新刊が出ないって理由もありますが、それ以外にも……ねぇ?

ま、WBはひとまずここまでにしておいて、やはり最近の新刊や準新刊をレビューしていくほうが他のアプリ共有者の益になりそうですから、そっちを優先していきますかね。

そういえば、ブクログとJUGEMの連動ってどうやら終了しているみたいですね。ブログパーツの生成ができなくなってやがんの。
ツイッターと連動させられましたからいいようなものの……なんとなくガッカリですねぇ。うーむ。
| ウェブログ | 21:20 | comments(0) | - | -
最初の一冊
どもー。
ここんとこご無沙汰だった口内炎が口内の奥に発生しやがりまして。伝家の宝刀ケナログでも塗りづらいことこの上ないことにやきもきする管理人です。幸い、食べるときにそれほど痛みを感じない場所だからいいようなものの……。

ネット上の読書メーターなるサイトを見て、自分もいっちょ読書習慣とやらをネットの力で継続させてみようかしらとっ企てる三日坊主です。
ま、登録したのは「ブクログ」というアプリなのですが。なんかAPPストアの評価がよかったのと、このブログ「JUGEM」にも対応しているらしいので。

まあ、まだ登録しかしてないんですけどねー。
登録から1週間くらいたつのに利用回数0なのは、ひとえに「あなたのお気に入りの一冊」を何にするかに迷いまくっているからなのでした。ドラクエとか主人公の名前決めるのに半日くらい悩むサガの持ち主故いたしかたなし。
……そうこうしているうちに読書自体は進みまくっているのですが^^; 意味ねー。

あー。一昔前ならウィザーズブレインで即決だったのでしょうが。今は必ずしもそうとは言えない心境なのですよ。月日の移り変わりとは残酷なものよねぇトニー。
| ウェブログ | 21:45 | comments(0) | - | -
レジェンド 感想
あつーい。
本当に今5月なのかと。時空の歪みを疑わざるを得ない状況な昨今ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
意地でも7月いや6月まではエアコンにスイッチオンしない覚悟完了の管理人です。東京の初夏が暑すぎる件についてどうぞ。

最近、積み本が増えて仕方なくなっておりまして。
読みたい本は片端から購入しているせいか、もう金輪際やめてしまったスマホゲーの、それに費やしていた時間を充てても足りない足りない。
なろう系の小説にまで食指を伸ばしたのが大きな原因ですね。文庫本より単行本が本棚に増えつつあります。場所がー場所がー。

駄菓子菓子ですね。
なろう系小説の選別でちょいとドジこいちゃいまして。
オバロや転スラは文句のつけようがないほど夢中になって読み進められたのですが、最近買ったカドカワブックスの「レジェンド(最新刊5巻)」なのですが、4巻で読むのを止めてしまいました。あまりにもアレな出来だったので、止めざるを得なかったのですよねぇ。

以下、なろうサイトにおいてある「レジェンド」のあらすじです↓

【東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世界の魔術師であり、自分達の生み出した魔術を廃れさせない為にそれを継ぐ資格のある者を探していたという。その提案に乗った玲二は、新たなる肉体と強大な魔力を持って異世界エルジィンを生きていく】

とまあ、異世界転生モノのテンプレートをなぞった分かりやすい作品ですね。王道と言えば王道ですか。

1巻は比較的読めました。とにかく主人公の相棒であるグリフォンのセトが大変可愛かったので。なので1巻の感想は「セトかわいい♪」がすべてですw
で、作者が1巻のあとがきで「セトは安易に人化させない」と明言されたことに強い共感を覚えまして。そのあたり、他のマスコット付きなろう作品と比較して一風変わった作風に思えたので、続く巻も購入しようと思えたのですよね。

で・す・が

話が進むにつれて、どんどん展開がグダグダになっていったのですよねぇ……どうしてこうなった。
なんというか、似たような展開が多すぎますコレ。主人公がDQNに絡まれた後に俺TUEEEして金品を巻き上げる展開を何度繰り返せば気が済むのか。
くどい展開は他にもあるのですが、そのどれもが「どっかで見たような」展開に終始しておりまして。色々なファンタジー作品の劣化話をえんえんと読まされているような、そんな気分になります。
作者の持っている引き出しが少ないのでしょうねぇ。導入部分は設定がそれなりに凝っていてテンポは良かったのですが……話が進むうちにボロというか地金がでてきたのでしょうか。どんどんお粗末な話運びになっていくのが読んでいて辛かったですよ。

三人称の視点で地の文が語られるのですが、その視点がコロコロ変わりすぎるのもいただけません。神視点といえばそれまでなのでしょうが、あまりにも落ち着きのない神様ですねw
三人称形式で視点を切り替えるのなら、章を分けるか行間を開けるか、せめて段落を変えるかしてほしいですね。文章作法における基本中の基本じゃないですかやだー。
そんなことも指摘できないカドカワの編集が無能すぎてもうね。ロハで読めるネット小説のままなら許されても、商業に乗せられるクオリティの文章じゃないですよ。本を買ってくれる客に対してリスペクトが足りないんじゃないのかねぇトニー。

その視点切り替え乱発に加え、登場人物の口調や台詞回しにバリエーションがないのも読者が混乱する一因になってますか。チンピラから王侯貴族までほとんどの登場キャラが似たような口調で喋るので、キャラが増えてくると誰が喋ってるのか非常に判別がつきづらいです。
主人公の仲間に、主人公と同じ一人称、同じ口調で喋るキャラが追加されたときは溜息が出ましたね。この辺りも、作者の引き出しの少なさが原因に思えます。
ま、変な語尾をつけて喋るDQNを登場させるよりはなんぼかマシかもですが。

それと。これは他の異世界転生モノの作品にも言えることかもしれないのですが……

異世界感がまったく感じられません!

異世界の食事を「サンドイッチ」の一単語で済ませるとか^^; うはww 
そんなその辺のコンビニで買えるようなものを「異世界」に登場させんなやっ! 激しく興ざめです。
別にサンドイッチを登場させてもいいですけれど、その場合はせめて「パンや具にはどんな異世界のユニークな素材が使われているのか」くらいの描写が欲しかったですねぇ。

異世界というよりは、よくあるファンタジー系ゲームの世界って感想です。ローファンタジーにもなってない。それならMMORPG作品の形式でやれよ、と。オバロみたいに「自分の知っているゲームによく似た世界」って設定でもいいじゃない。


もうね。セトの可愛さだけで読み進めるのは無理――となりまして。4巻で読むのを止めた次第です。やれやれ。
で、
今はメディアファクトリーの「用務員さんは勇者じゃありませんので」を読み進めております。
こちらは問題なく楽しく読めておりますね。や、「レジェンド」を読んだ後だから……ということではないと思いたいです。うーむ。
そのうちこちらの感想もあげたいところですね。
今度はまともなレビューになりますように、七回ほど祈りたい。
| ウェブログ | 22:06 | comments(0) | - | -
劣化
昨日の出勤で報告書を書き終えた安ど感からか、今日はほとんど積み本崩したり寝たりして一日を過ごすことになった管理人です。ザ結果論。

ま、とあるブラゲが大規模緊急メンテに入って、やることがなくなったってのも理由の一つですが。そんなこともあるさねトニー。

そういえば、物書き系の掲示板を流し見していて思ったのですが。
「最近、ラノベの劣化が激しい」という記事を見つけまして。
まあ、言いたいことは分かるのですけどね。そんなん今に始まった話じゃない、ってのが第一感想ですか。
ラノベの黎明期には、ラノベそのものが日本文学の劣化とか言われてましたし。いつか来た道でもあるんじゃないですかねぇ。

あと、単純に日本文学作品と比べてラノベを「劣化」と語るのも、何か違和感があります。
目的違いなんじゃないですかねー。ラノベは「軽小説」なんですから、手軽に楽しめるものが「ラノベ」って媒体なんでしょうに。おまえは軽食屋に高級ディナーを求めて、それがないから言ってとキレるのかと。モンスタークレーマーやねトニー。

てか。こんだけ色々な出版社から色々なレーベルのラノベが氾濫するようになれば、玉石混交、駄作のラノベが目につきやすくなるのは当然のことですよ。
駄作の存在にえんえんと文句を垂れ流すより、埋もれている名作をスコップする方が有益じゃないかと思います。はい。

とはいえ、確かに「売れ行き」という一面からとってみれば、最近のラノベにヒット作がないというのもまた事実ですか。「SAO」以来、シリーズまるごと爆発的ヒットを飛ばす作品は見ていないですからねぇ。最近では「このすば」が結構がんばりましたが……やはり物足りなさが否めませんか。

最近のブームである「MMORPG」や「異世界転生」ネタに続く、新しい流行りがとっとと出てこないものですかねぇ。うーむ。
| ウェブログ | 23:15 | comments(0) | - | -
古書街巡り
あー。いくらどうでもいいスパムめいたメールばっかり来るだけでも、やっぱりメールボックスはチェックしなきゃですよトニー。……ドウシテコウナッタ?? や、すべては自分の自堕落さと非リア充っぷりの為せる業なのですが。やれやれ。

昨日は土休だったので、久々に神保町の古書街巡りへ行ってきた管理人です。んー。やはり古本屋の空気はいい。
普段は仕事やらプライベートがてら車で通りすがるくらいしか訪れる機会がなかったので。や、アクセスはすごく近くて便利なんですけどね。行こうと思えばいくらでも行ける、と。…それが訪れない理由になってたのかもですが^^;

ま、自分にとって古書店ってのは、そこにある本の陳列が醸し出す雰囲気を楽しむところなのですよねぇ。決して欲しい本があるわけでなく。や、欲しい本は新刊書店で買いますて。業界のためにw
一誠堂書店の2Fにあるような洋書の古書なんてその最たるもの。指輪物語やハリポタの世界にでてくるような、あのゴツゴツした重厚感溢れる装丁がたまりませんw つい手に取ってみたくなるのですよねぇ。

ああいう本を手に取ると、うっかり自分にも「魔法」なるものが使えそうな気になってくるのがまた愉悦。…いえ、手に取ったのはただの百科事典だったり歴史書だったりするのですがw 
あ、そのうち本当に「魔導書」とか手に取ってしまったらどうしませう。そりゃあSAN値がピンチだねぇトニー。神話技能がいくらか手に入りそう。

お昼はボンディの本店でと思い神田の古書センターに出向いたのですが……やっぱりいつもの階段大行列でしたねぇ。14時過ぎていたから大丈夫だと思いましたのに……。がーん、だな。
なので断念して駅チカのガヴィアルに決めました。結局カレーであることには違いませんが。まあ、神保町ですしおすし。昼にカレーを食べるのは至極当然のことですか。
| ウェブログ | 20:02 | comments(0) | - | -
書店巡り
どもどもー。
今日は半ドンの土曜出勤後に、神楽坂方面へ散策しに行ってきた管理人です。

最近の趣味になっている書店巡りを兼ねて、ですね。
今日は飯田橋駅前の芳進堂書店から始めて、坂の途中の文悠さん。んでもって、神楽坂モノガタリで一杯のコーヒーを飲む間に一冊の本を読み、最後にかもめブックスでシークレット本を購入、と。まあ、ここ最近の巡回ルートですよ。
もうちょい時間があればクラシコさんやラカグさんにも寄ったのですが……かもめさんを出た時には19時回ってまして^^; 本屋巡りは時間の流れが加速しすぎちまっていけねぇやトニー。

なんか仕事柄、本屋に行くってなるとついついビジネス目線になってしまうのが嫌で、本屋巡りをするときはなるべく大型書店や得意先に近しいタイプの書店を避けるようにしております。その方が普通に「お客」または「読書人」って形で本屋さんに居ることができそうなので。ま、気にしすぎなのかもですが。

先日に池袋で見つけた天狼院書店さんなんか結構よかったですね。そういや、あすこもシークレットブック企画をやっていましたっけ。あんまりにも手間暇かかるもんだから普通の書店じゃとてもできない企画ですよね、秘密本。本の装丁からPOPの作成まで、よほど「うちの書店ではコレを売りたいんだっ!」って熱い情熱がなければできませんよ。だからついつい買ってしまうんですかねぇ。
もったいなくて装丁を外しづらいのが難点ですが^^; そりゃ本末転倒ですねー。うーむ。

帰り際、中華そば屋の田中屋さんで中華そばと肉めしを食べて帰宅しました、と。私好みの塩ベースさっぱり風味がファインです。最近こってり系はどうも^^;

さてさて、次はどの町の本屋さんを巡りましょうかねぇ。馴染の店もいいですが、新規開拓の精神も忘れないようにしなければ。ふむ。
| ウェブログ | 21:20 | comments(0) | - | -
GW突入
どもどもー。
唇の次には舌に口内炎ができちまった上に、歯医者通いというフルコンボで苦しんでいた管理人です。……ようやっとすべて落ち着きましたが。

さてさて。世間的にはゴールデンウィークということで。
なんか10連休とかいう単語が飛び交っておりますが、連休数が長い=飛び石率が増えるということであり、有給がしっかりちゃっかりとれるような職場でないとまず飛び石確定なんですよねぇ。
ま、休みが長くなればなるほど、それが終わるときの心理的ダメージも大きくなるのでね。適度に仕事の日が入っていたほうが仕事消化率的にも楽になるんじゃないかと考えるようになった社畜人間です。

なので、基本的に今年のGWは暦通りなのですよねぇ。なので明日も出社ですよ。
ま、書店員だったころにはGWなんて三日くらい休み取れれば奇跡みたいな具合でしたし。暦通りで御の字といったところですか。……ORZ。
| ウェブログ | 21:58 | comments(0) | - | -
神経ダイレクトアタック
どもー。すっかり暖かくなってきて過ごしやすくなってきた昨今ですが。
この過ごしやすさがいつまで続いてくれるのか。またどうせすぐに暑くて暑くて仕方なくなるのでしょうねぇ。やれやれ。

さて。
歯医者さん通いを再開させて3週目になるのですが。ちっともよくなる傾向がないことに若干の恐怖を感じつつありますよ。
今日なんて、歯の痛みをかかえたままノー麻酔で神経を直接ゴリゴリけずられましたし。……なんというかまあ、形容しがたい痛みというか、ドリルで歯を削るのとはまた異次元ベクトルの痛みですねぇトニー。
家に帰って速攻ロキソニン先生を飲み下しましたよ。そしてそのままバタンキュウ。気づけばこんな時間ですよ。

あー。来週また同じことを繰り返すのかと思うともうね。
| ウェブログ | 23:54 | comments(0) | - | -
歯医者ふたたび
わー。こりゃまた随分と更新してないブログですねぇ。ま、今に始まったことじゃないですが。

どもども。年明けからこっち、忙殺に次ぐ謀殺でちょっちプライベートに余裕のない管理人ですよ。
いつの間にかもう春じゃねぇかよトニー。ほんと、息をつく暇もないねぇ。

そんなこんなで忙しさにかまけていたら、ついうっかり歯医者にかかるのを忘れておりまして。いやガチで。
ほんとは、昨年までに治療を終えているはずでしたのにねぇ。ずるずるとまあ。
ですが。さすがに歯が欠けるとこまでいったら、もう観念するほかなく、ね。ちょうど近場に夜遅くまで診てくれる歯医者さんがあったのは行幸でした。

にしても。
麻酔の技術が一昔前にくらべて格段に上がった昨今、もはや歯の治療で痛いパートって、歯のクリーニングだけですよねぇ。あの歯茎部分を集中的に攻めて歯石をとるヤツ。
ギュイーーーーン、ガガガガッガガガっ、うぐわわーっっ?!(※心が叫びたがる)

正直、歯の治療時よりクリーニング時のほうがよっぽど右手を上げたくなりますよ。「痛かったら手を上げてくださいね」とは決して言われませんがw なぜにぃっ?!

術後は口ん中が血だらけになるのですが。
でもやっぱり、アレをやったあとは口の中がスッキリするんですよねぇ。
歯間ブラシ買おうかしらトニー…。

| ウェブログ | 22:01 | comments(0) | - | -
<< | 2/22PAGES | >>