CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 2017年10月12日のつぶやき | main | 2017年10月13日のつぶやき >>
Brook Haven Experimentレビュー
昨日までの残暑が今日は晩秋という、いったい秋という季節はどこに行ってしまったのか、思わず捜索願を気象庁に提出したくなる管理人です。

PSVRで発売予定になっている「クーロンズゲート 朱雀」の体験版をダウンロードしたのを皮切りに、いくつかVRゲームをダウンロードして遊んでいるのですが。
その中で最近ハマっているのが「BrookHaven Experiment」です。

「FarPoint」を購入した時にセットで付いていたシューテイングコントローラーが使える他のゲームを探しておりまして。そんな時に、上記のゲームがシューコンに対応したとのネット記事を見つけて、これはと思いダウンロードしたわけです。あと、2000円って価格の安さも決め手になりましたw

にしても。VRゲームはパッケージになっているソフトがまだまだ少なく、DLCがメインになっている印象ですねぇ。

ゲームのストーリーは
「提供される武器や道具を使用し、恐ろしい モンスターの襲撃を生き残りながら、なぜ世界の終末が起きてしまったのか、その原因を 探る」といった感じ。

内容は、ゲーセンによくある「House of the dead」系のゾンビ撃ち殺しまくりシューティングゲームですね。あれのVR版。あのアーケードゲームをご家庭で手軽に楽しめる――そう、PSVRならね!

FarPointと違ってプレイヤーは移動することができず、固定砲台のごとく襲い掛かってくるモンスターを相手に銃をブっ放してブっ殺す、ってな具合です。FarPointでは、基本的に敵は前からしか襲ってこなかったのと異なり、こっちは360度全方角から、上空も含めて襲い掛かってくるところですかね。ちょ、VRゴーグルつけながら真上を向くのが結構つらい。

ほとんどのステージが暗闇の中なので、ふと後ろを振り返ったら至近距離に超絶グロいゾンビが迫っていたり、ふと上を向いたら馬鹿デカいサンドワームみたいのが大口開けて私の頭を飲みこもうとしていたりして。夜中だというのに変な悲鳴をあげました。近所迷惑ですね。

難易度がやたらと高く、慣れるまでは一つのステージで何度も何度も死に戻りするハメになりましたが、どうにか最終ステージまでクリアできました。
ちな、最終ステージではラスボス相手に弾切れで敗北してしまいまして。他のステージで弾を稼いでからリベンジしてやろうと思います。たーのしー。
| ウェブログ | 22:25 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| - | 22:25 | - | - | -
コメント
コメントする