トール、来る!
どもー。
どうやら台風19号には弱体化パッチがあてられて18号並になったということで。
肩透かしみたいな感じですが、実際問題これでよかったのでしょう。とりあえず14日の出勤について不安にならずに済んでめでたしめでたしですね。その次の日は出張予定いれてましたし。ふむ。

閑話休題

二日連続でフルボッコHの話題になってしまうのですが。それでも話題にせざるを得ないところです、
なんせ昨日のブログ更新後、戯れにガチャを回したらトールがきちまいましたので。今回のイベント特攻ヒーローのトールの兄貴が。



わー。ナイチンゲール狙いで回したらトールが来るとは^^; いいのでしょうか、こんなにアッサリ引いてしまって。パンドラや玉藻前を引いたときのような末恐ろしさがありますねぇ。悪魔フェスのときは散々でしたのに。うーむ。

なにわともあれ、トール惨状ですよ。や、誤字ではなく。

特筆すべきはリーダースキルの「WAVE開始時にゲージ上昇(特大)」ですね。これがあるおかげで、WAVE開始のたびに光パーティー全員のリソースが10も溜まることになりまして。うは。これはデカい。フレンド枠にトールがあれば、効果2倍で一気に20溜まることになりまして。スキル発動に必要なリソースが少ないフレキや与一なんか、ほぼ毎WAVEごとにアクティブスキルを撃てる計算になります。つまり、ショットゲージが減らない?! ――なんということでしょう。

さらにトール自身のASは光パーティー全員のショット強化(※しかも2倍)で、この効果は30秒持続の上にWAVEをまたいでも効果が残るので、トール2人もしくは伊達政宗のフレPTならほぼ全WAVEにおいてショット強化の恩恵にあずかれることになりまして。
……もう何がなにやら^^;

ためしにトール×2の光PTで大連戦の上級を回してみたら、もうザコもボスもゴミのようでしたよ。
いいのでしょうか、こんなバランスブレイカーを登場させてしまって。初めて覇王ヒーローのパンドラさんが実装されたときも大概だと思いましたが、今回のトールはその遥か上を行くチートキャラです。
パンドラさん実装時には覇王ヒーローを持っていないプレイヤー層から批判が噴出し、結局その後で他のヒーローが強化されることになりバランスが保たれることになった前例がありますが……。はてさて、今回の件はどうなることやら。

せっかく手に入れた強キャラですし、萎える原因にもなりますしできれば安易な弱体化措置は勘弁してもらいたいところですが。うーむ。

で。
そんなトールさん率いる光PTの陣容をご紹介↓

まずは、トールがくるまでのリーダーだった光☆5侍の「伊達先輩」こと伊達政宗ですね。



とにかくASが対ボス用として優秀で。
以前にあったCCチュウイベントでは手数の多さが求められたので大活躍でしたね。フェス限侍の土方も強いですけど、あちらのASは敵が接近していないと使えないのに対して、正宗のは距離関係ないですから便利。

トールほどではないですが、正宗のLSも光PTのWAVE開始時ゲージ上昇(小)」ですので、フレンドのトールを使いきった後は正宗を選ぶようにしています。

もう一人は光☆5忍者の那須与一ですよ。



与一が忍者? と思った時期もありましたが。忍者ヒーローには赤ずきんとかロビンフッドとか、明らかに「そうじゃないだろう」的なキャラまでカテゴライズされているので、それに比べたら与一はまだ納得がいくような気がしないでもないですね^^;

これまで忍者は実装から長いこと産廃扱いされてきたのですが、先日の強化から手裏剣を撃てるようになって見違えるように使えるカテゴリーになりました。スキル上げの餌にせず育てておいて正解でしたね。トール加入によって、さらにその地位は磐石となりましたよ。

上でも書きましたが与一はAS発動に必要なリソースが非常に少ないので、ほぼ毎WAVEごとにASを発動して敵を蹴散らし続けてくれます。便利便利。

この2人のほか、先日に紹介したミカエルとフレキを加えた5人の☆5で光PTを編成しております。
他に光の☆5には騎士のアテナと獣人の孫悟空がいますが、2人とも防御AS持ちなのでトールのPTには合わないのですよね。同じ理由で回復AS持ちのナイチンゲールも要らなくなることに。トールを引いてから、それ以上ガチャを回さなくなった理由がそれですよ。ごめんよナイチンゲール。

にしても。
この光PT、よくよく見たらフレキの逆ハーレム状態ですねw 
まあ、フレキはゲリ以外には興味がなさそうですが。うーむ。
| フルボッコH | 21:57 | comments(0) | - | -
フルボッコHX
どもー。
史上最強の台風襲来で日本がヤベェ。パターン青―ヴォンフォンです!

今日はまだ平和そのものなのですが。どうやら月曜あたりに直撃がくるっぽい? 今から月曜に引きこもる準備をしておかんとねトニー。

そんな準備の合間に色々とゲームをマルチタスクで進めてみる管理人なのですが。
今日は久々にCCのフルボッコヒーローズの話題でも、と。

先日に大型のアップデートがあり、その名も「フルボッコヒーローズX(エックス)」と新生されたのですが。
ほとんど別ゲーになっていて笑いました。これまで散々やるやる詐欺とか言われていた新要素を次々と実装し、新しいヒーローカテゴリーも随分と増えましたねー。ああ、またガチャが混沌とするのか^^;

新生される前の悪魔フェスガチャで痛い目をみてからこっち、討鬼伝極をゲームプレイのメインにして課金を避けてきましたが、アプデ後から結構フルボッコHが面白くなってきたのでまたボチボチ課金を始めてみました。まあまだ一度に十連するくらいがせいぜいですが。それ以上はまた痛い目をみることになりそうなので。

うん、こうしてみるとアレやねトニー。いかにユーザーに課金させるかってのは、ヘビーユーザー向けに深く狭くやるより、コンスタントにそれなりの当たりを引き当てさせて、ライトユーザー向けに浅く広く課金させるのが運営長寿のコツかと思われます。パズドラしかり。

で。それなりに強いヒーローを揃え、以前から注目の話題となっていましたサタン討伐イベント――「顕現!伏魔殿」に突入しまして。

イベントでは大ボスのサタンを始め、中ボス悪魔のベリアル、バアル、アスモデウスがそれぞれ立ちはだかるわけですが。
サタンが闇、ベリアルが火、バアルが水、アスモデウスが木、といった属性配置でしたね。なので光染めでパーティーを編成するのもアリかと思いましたが、難易度が高くなるにつれて「とにかく速攻でザコを散らしていかないと積む」タイプのステージ構成になるので、やはりカテゴリーで絞って中ボスとステージそれぞれの弱点属性を突く編成に切り替えましたよ。

なので、私の場合は

リーダー:玉藻前(獣☆5 闇)
サブ:ケルベロス(獣☆5 火) フェンリル(獣☆5 水) クーシー(獣☆5 木) ハティ(獣☆5 木) 孫悟空(獣☆5 光) ライラプス(獣☆4 光)⇒フレキ(獣☆5 光)

という獣パーティーで攻略することにしました。
これまで他のカテゴリーが更新のたびに次々と強化されていき、すっかり最弱クラスのカテゴリーに落ち着いていた獣人ですが、つい先日の更新でようやく強化されて息を吹き返しましたね。ゲーム開始当初から獣パメインで攻略していた私大歓喜♪ なので、今回はがんばって獣で攻略しようと決めておりました。

上記のサブメンバーの中で固定だったのが、光の孫悟空とフレキでしたね。攻略途中まで☆4のライラプスに今回初の実装となった「武器」装備でやっていたのですが、結局それだと火力不足だということが分かり、急いで☆4だったフレキを☆5に進化させて入れ替えました。
ちなみに、光の孫悟空とフレキは2人ともサタン特攻武器装備です。

後のサブメンバーは、難易度の低いステージではクーシーを、難易度が高くなって回復役が必要になってからはハティを入れました。うちのハティはスキル上げをそこそこやっているので早め早めの回復が撃てて便利です。

フレンドはもっぱらジャバウォック持ちの方に助けてもらいましたね。私はジャバ持ってないので大変助かりましたよ^^; イベント中はやはりジャバ他のフェス限ヒーローを使っている方が多い印象でした。特に土方とか赤ずきんとかアーサーとか。

ま、私の場合は覇王ヒーローの「玉藻前」持っているから別にいいじゃん、とか言われそうですがね。それでも玉藻は属性が闇ですから、いくら覇王だといっても今回のイベントには不利ですよ。もう一人持っている覇王も闇のパンドラさんですし^^;

とまれ、強化されたばかりの玉藻前の性能は凄まじく、サタン以外の相手には属性問わずめっぽう強かったですけどね。

で、難易度ヘルまではゲームオーバーせずに攻略できていたのですが、デス級でとうとう全滅の憂き目にあいまして。酷いときは2戦目のベリアルにやられるくらい^^; 
ラプラスのときもそうでしたが、やはりコンティニュー不可のステージってのは精神的にクルもんがあるねぇトニー。ソシャゲーって要因もあるのでしょうが、ゲームやってて緊張で心拍数が跳ね上がるなんて久しぶりすぎますよ。

それでも、敗北を重ねるうちにどうにか相手の出すカウンター攻撃の法則が分かってきて、挑戦5回目でどうにかクリアできました。
まさか最後の1ゲージカウンターが回復アクティブスキルに対応しているとは。そこは攻撃ASじゃないの? ……やれやれ、ほんと疲れました。

で、手に入れたサタン様を眺めて至福モードに入りますw



フレキやミカエルの育成でハニワが尽きていたためレベルはまだ低いのですが、それでも凄まじいステータスですね。すでにレベル10くらいの時点で、他の☆4悪魔レベルマックスのステ値を越えていますw なんじゃぁこりゃw

悪魔は課金ガチャでもなかなか手に入らないカテゴリーなので、前回のラプラスイベント同様、こうしてイベントで強キャラが手に入るのは大変ありがたいです。それがフルボッコHのいいところなのでしょうが。
ま、その強イベントヒーローを手に入れるためには、やっぱり強い手持ちのヒーローが必要になるのですが^^;

そんな強いヒーローで、今回の殊勲賞の2人を紹介↓



オッス! オラ悟空!! ――じゃない方の斉天大聖なヒーローです。

課金ガチャではなく、ローゼンクロイツと同じ「魂の欠片」交換で手に入れた☆5獣ヒーローですね。
「☆5のわりにステータスはあまり強くないなぁ」と思いつつ、それでも獣だからという理由でとりあえず取っておいたのですが、今回のイベントで大活躍でした。

というか今回のVSサタン戦では、孫悟空の防御ASが決まらないとクリアできなかったです^^; どう足掻いても一度はデッドラインを割られてしまうので、防御ASがないとその時点で積みでした。
騎士パで同じ防御AS持ちのアテナを使うという手もありましたが。今回は獣パで行くと決めていたので。
ま、アテナと違って孫悟空の防御ASは持続が非常に短いので使うタイミングには気を遣いましたけどねー。そこさえクリアできれば後は楽でしたよ。



で。時点の殊勲賞で、サタンにトドメをさした英傑ヒーローのフレキですよ。
今回のイベント戦のために慌てて☆4から5へ進化させたのですが、それが無駄にならない活躍ぶりでした。……すまぬ、ゲリ。おぬしの☆5進化はまたいつかの機会にでも、と。

せっかく☆5にしましたし、今後のことも考えてスキル上げしてみようかと思います。英傑キャラは他の課金☆5ヒーローに比べてスキル上げの素材が手に入りやすいからグッドですよね。AS発動リソースも少ないですし。

そうそう。イベントの途中でガチャ回して手に入れたミカエルも紹介しておきましょう。



天使フェスで手に入れた光の☆5天使ですね。
天使と悪魔の新カテゴリーはどちらもガチャで滅茶苦茶絞られているようなので、こうして十連一発で入手できて僥倖でしたよ。……悪魔フェスのときのことは言うなっ!!

光属性ですと、ウチには侍の伊達先輩を筆頭に、上記の孫悟空とフレキ、ゴーレムのダイダロス、騎士のアテナ、ドラゴンのユルルング、忍者の那須与一と☆5が結構揃っているので、光染めには困りませんね。
他に、星4天使のサンダルフォンやパラシエルもいますし。そのうち天使パを組むこともできそうです。
ま、せっかくサタンがきたので、悪魔パを作るほうが優先ですけどね。いずれにせよ、贅沢な悩みですねー。ふむ。
| フルボッコH | 23:27 | comments(0) | - | -
フルボッコお気に入りヒーローズ
外回り営業にて電車を使うとき、やたらと子供や中高生の姿を見かけるようになったと気づくことで世間様が夏休みに入ったことを理解する管理人です。

そうですか。子ども達はみんな夏休みですか。だからと言って羨ましいとも、あの頃に戻りたいとも思いませんがね。
特に8/31には戻りたくないですよ。あの年代の頃におけるあの日付の絶望感と言ったらもうねw

閑話休題

今現在、夏のイベントが進行中のフルボッコヒーローズの新規キャラ紹介でもやっていきます。

イベントは「14英傑からの挑戦」で、春頃に開催されていた「12英傑からの挑戦」の続きにあたるものでして。あの当時は戦力的な問題で、ナイトメア周回どころかノーコンクリアすらできない惨状でしたが。それも今や昔の話ですよ。
ナイトメアの安定した周回プレイが可能になったのは、やはり↓の新規ヒーローが来てくれたのが大きいです。



とうとう来ました。
「獣人の攻撃力2倍」のリーダースキルを持つ闇属性の☆5獣人ヒーロー「玉藻前」です。

さすがにパンドラさんを引いた時のように10連1発では来ませんでしたが、前回前々回のガチャフェスのときに回さなかった分をここで回しまして。どうにかゲットすることができましたよ。
もともとパンドラが来る前は獣人PTをメインで使っておりましたので、玉藻前は是が非でも欲しいヒーローだったのですよねぇ。物欲センサーすらねじ伏せる、執念の勝利ってやつです。

で。その玉藻と一緒に来たのが↓



水属性の☆5獣人ヒーロー「フェンリル」ですよ。

これまでの獣人PTでは水属性の☆4獣人「氷狼ガルム」を使っていたのですが、念願の☆5が来てくれましたのでメンバーチェンジですよ。フレンド枠でフェンリルはよく使わせてもらっていたので前々から欲しいと思っていました。お迎えできて幸いです。

上記2ヒーローの参入により、これで獣人PTの陣容は

「闇☆5玉藻前・火☆5ケルベロス・木☆5クーシー・木☆5ハティ・水☆5フェンリル」

といった顔ぶれの☆5PTになりました。
後はステージの属性染め如何で、闇☆5のマーナガルムや必要な属性の☆4獣人を入れ替えて使っています。

今現在、パンドラリーダーの魔術師PTには回復役がいないので、高速回復スキル持ちのハティを要する獣人PTがメインPTになっております。さらに、対ハニワ戦でも獣人PTがベストな選択肢ですから余計に、ですね。
今後、光☆5魔術師で回復スキル持ちのナイチンゲールを引けたら変動するかもですが。

ただ、魔術師にも☆5ヒーローが2人ほど新しく加わりまして。



火☆5の「ローゼンクロイツ」です。

課金ガチャではなく、クエスト報酬の「魂のカケラ」を集めて手に入れたヒーローですね。
基本性能は☆5なのでもちろん高いのですが、アクティブスキルが「相手の攻撃を強制的にシャットダウンさせる」というもので、敵によっては一撃で殺されることがままある紙防御の魔術師PTには生命線となるスキルですね。まさに切り札です。また、属性を選ばず使えることも大きいですね。

もう1人は、木☆5の「カグヤ」ですね。



こちらもフェンリルと同じくフレンド枠でよくお借りしていたヒーローで、前々から欲しいと(以下略)。
ゲームの実装初期からいるヒーローで、雑誌などでもよく紹介されていたので人気が高いのですよね。攻略掲示板でもオススメヒーローとして話題に上がることがしばしばです。

これでようやっとパンドラ以外の☆5メンバーが魔術師PTに加わったわけで、戦力の底上げができましたね。

獣人PTも魔術師PTも攻撃2倍LSのヒーローがいるので、以前は無理ゲーと思われたナイトメアを今では安定して周回できるようになりました。ストレスのない快適ゲームプレイ最高ですはいw

この2つのPTを使い分けてナイトメア報酬の進化素材を集め、さらなるPT強化に邁進していきますよ。
| フルボッコH | 22:29 | comments(0) | - | -
出張中の進捗状況
どもども。
長期出張の反動で、休日の今日はほとんど寝ていた管理人です。
もう冷房とかガンガンかけちゃうよトニーw ほぼ1週間出かけていたわけですから、光熱費的にそりゃもう遠慮なしですよ。

で。
そんな長い外出でしたが。別にその間ずっと仕事に拘束されていたわけではないので、ソシャゲの方は結構すすんでおりまして。ってか、この間に色々とイベントやらアップデートやらが来てましたね。

なので、今日はフルボッコヒーローズの新着キャラ紹介でもやっていきますよ。

 

これまで☆4の状態で獣PTを支えていたクーシーですね。
クーシー可愛いよクーシー。あまりの可愛さにケモナーに目覚めそうになるくらい。
手に入れた当初は戦力が足りなくて☆5進化用のイベント素材を手に入れることができませんでしたが、戦力が揃ってきた今なら話は別でして。ふふり。
先日のイベントで素材をそろえてめでたく☆5に進化させてあげられましたよ。よっしゃよっしゃ。

能力的にはケルベロスとよく似ておりますが、こっちのが若干リーダースキルが優秀ですね。ついに獣PTのリーダーが交代するときが来ましたか。お疲れ様だったねぇケル。まあでも、これからもケルにはサブとして獣PTを支えてもらうのですけどねー。

お次は



今から2つ前のイベントである七夕イベのときにガチャ回して手に入れたヒーローですね。
もともとはこのゲームの看板キャラクターとして実装される予定だったそうですが、ゲーム公開時に色々とあったみたいで。今は完全にジャンヌにお株を奪われたような??

今はパンドラ率いる魔術師PTをメインで使っているので騎士は不要と思っていたのですが。注目すべきはそのアクティブスキル、「全属性のダメージを一定時間大幅に軽減」という防御系です。
これまで防御系のスキルは使ったことがなかったのですが、七夕イベントではボスの織姫が闇属性のためパンドラさんの力が通じにくく、やむなくアテナのスキルに頼ることになりましたよ。
使ってみてこれが意外に便利だということに気づかされました。使うタイミングは難しいですが、無属性を含むあらゆる属性攻撃に対応できるため、ここぞというときの切り札になりますか。

今はパンドラがいるので補欠扱いですが、騎士に強いヒーローが揃ってきたらメインで使う予定ですよ。

で、



つい先日まで開催されていた巨人イベントボスにして報酬ヒーローのダイダラボッチですね。
ゴーレムはあまり使っていないのでスルーしてもいいかなと考えていたのですが、ダイダラのデザインを見て考えが変わりましたよ。ってか、めちゃめちゃ良いデザインですね。かっこいいわー。

属性選択は火にしてみました。進化用コインは他の属性のがいっぱいあったのですが、どうせスキル上げは面倒なためやらないでしょうから、好きな能力のある属性に決めたわけで。
アクティブスキルはケルベロスやクーシーと同じ「極短射程で超連射攻撃」にショットが変化するってタイプで。ケルやクーに比べると、射程がさらに短くなった分その威力は強力無比になったようで。ギリギリまで敵をひきつけてぶっ放すという最後の切り札ですね。……それを使わざるを得ない局面ってのはできれば遠慮したいですが^^;

さてさて、また今日から新しいイベントが開催されてますフルボッコヒーローズですが。
同時開催でハニワイベントもあるようですからレベル上げがはかどりそうですね。しばらくはこのゲームがメインになりそうですよ。ふむ。
| フルボッコH | 23:15 | comments(0) | - | -
フルボッコお気に入りヒーローズ
昼中の外回りが大変しんどくなってまいりました大阪地方在住の管理人です。わー。あちー。

ではでは。昨日に引き続きまして。フルボッコヒーローズのお気に入りキャラ紹介でもしていきます。

まずは☆5獣人のケルベロス(火)から


ゲーム開始時に貰った「ボッコの実(このゲームにおける魔法石的なアイテム)」を使って引きました☆5ヒーローですね。
最初期の☆5ながら、長らくメインで使っています。獣人がそもそも万能キャラなので、その☆5であるなら当然の処置といったところですか。アクティブスキルの「狂化(射程極短の超速連続攻撃)」が凶悪なほどに使えます。射程こそ極短ですが、その威力は圧巻の一言。ギリギリまで追い詰められたときにこれが発動したときの爽快感はパないです。ンギモッヂィィイイ〜☆

同時期に☆5騎士のモルドレッド(闇)を引きましたが、どちらを使うのかで特に迷うことなくケルを選びましたねぇ。や、当時はまだ騎士の性能がアレでしたからー。今は騎士もすっかり強化されましたけど、時すでに遅かったですよ^^;

今現在は他の☆5が充実してきたのでケルもリーダーを外れることが出てきましたが、それでも対ハニワ戦では外せませんね。
ケルをリーダーに、サブを☆5獣人マーナガルム(闇)、☆4獣人クーシー(森)、☆4獣人フレキ(光)、☆4獣人ガルム(水)、フレンドをケルかクーシーに設定したパーティーなら、ハニワワールド級もノーコン楽勝で周回できるのでレベリングがはかどりますねぇ。ウチのクーシーが☆5に進化すればさらに盤石になることでしょう。

次に☆5獣人のマーナガルム(闇)をご紹介


こちらもケルと同様、初期の頃からうちのPTを支えてくれています☆5獣人ですね。リーダースキルの内容がケルと同じなので、フレンドの属性にあわせてリーダー交代したりしています。
アクティブスキルは通常ショットに貫通属性を持たせるタイプで、ケルや他の獣人のスキルを打つ前のザコ散らしに持ってこい。痒いところに手が届くヒーローですよ。

お次は☆5ゴーレムのダイダロス(光)ですね。


ゴーレムは短射程高威力のショット持ちですので、高難易度のステージで重宝されるようになったヒーローです。騎士や魔術師など長射程のヒーローをメインで使っているプレイヤーには敬遠されがちということですが、はてさて。私の場合、ケルのプレイスタイルと似ているので使っていて特に違和感はなかったですね。

そんなゴーレム勢の中でも特に強力だと言われているのがこのダイダロスさんで。ときたま「ダイワロスさん」とか呼ばれておりますがw 気にしない気にしない。

他に使い勝手のいい☆5リーダーが揃ってきたためメインで使うことが少なくなってきましたが、そのピーキーな性能ゆえにまた輝く日はきっとくることでしょう。超固いシールド持ちの闇ボスイベントとか来たらめっちゃ活躍しそうw そんなメンドイのとはできれば戦いたくないですがw

お次に☆5侍の甲斐姫(水)ですよ。


新ヒーロータイプ「侍」の実装時に開催されたガチャフェスで引いた子です。
それまで水PTは☆5ドラゴンのリヴァイアサンをメインで使っていたのですが、彼女が来てからは不動の水PTリーダーとなっております。さらに、それまではケルリーダーの火PTをメインで使っていたのが、甲斐姫が来てからは水PTがメインになっちまいました。うは。

今現在、私の手元にある唯一の召喚スキル持ちヒーローです。このゲームにおけるレア中のレアですね。高威力の全画面攻撃である召喚スキルは、ボスと一緒にザコ散らしもできるため非常に重宝していますよ。
一時期、度重なるガチャの不作に、もうこのゲームを止めようかと思い始めた矢先に来てくれたのがこの子でして。私的にゲームの転機となったキャラですか。まさに二重の意味でのヒーローですよ。

そして、こちらもまたガチャフェスで引いた☆5獣人のハティ(森)です。


フェスで狙って引きました初めてのヒーローがこのハティですね。前々から欲しくてしょうがなかったキャラでして。10連1発で引けてラッキー♪
なにせ☆5で数少ない回復スキル持ちですから。当時、他の回復スキル持ちはほとんど☆1〜2のキャラに限定されておりましたので。今ならナイチンゲール(光)とかいるのですけどね。私は持っていませんがw とまれ、ナイチンゲールは魔術師ですから、獣人メインのPT編成にはやはりハティが必要だったわけでして。

高難度のステージほど回復スキルが必要になるので、☆1〜2の回復スキル持ちヒーローではお話にならないのですよ。ハティが来てからは、高難度ステージも余裕をもって周回できるようになりました。ハティバンザイ。

最後に、最新の☆5ヒーローであるパンドラをご紹介


今現在開催されておりますウロボロス討伐イベントでのガチャフェスで実装された新しいヒーローのパンドラさんですが。これがトンデモない壊れ性能のヒーローでして。
着目すべきはリーダースキルの「すべての贈り物」です。なんと「魔術師の攻撃力を2倍にする」というLSです。攻撃力を「2倍」て、他のソシャゲでもあまり聞かない倍率ですね。さらには属性限定なし、HP減少などのペナルティもなし、という破格さ。まさにぶっ壊れ性能の権化です。

こんなトンデモキャラを引いておいて、魔術師PTを作らないなんてことはありませんわ。

さっそくパンドラリーダーで、サブに☆4ドロシー(火)、☆4アナスタシア(水)、☆4眠り姫(森)、☆4クリームヒルト(闇)という陣容の魔術師PTを作りました。パンドラを引いた当時は光のレア魔術師を持っていませんでしたが、その後で光チケットガチャを回して☆4ティンカーベル(光)を引いております。
これまで魔術師は☆5を持っていなかったのですが、それでも各属性の☆4はしっかり育てていました。ほんと、育てておいてよかったとしみじみ思いました。

そんなパンドラPTの快進撃は凄まじく、今回のウロボロス討伐イベントを4日残してコンプしてしまいました。……今までイベントコンプなんてできませんでしたのに、これはとんでもねぇ。子供の日イベントのときはヨルムンガンド獲得までが限界で、ついぞカグツチまで届かなかった体たらくでしたのに。

ちなみに、コンプしたウロボロスが↓ですね。


イベント報酬ヒーローですのでそれなりに強いとは思いますが……パンドラさんのインパクトに比べるとどうしても、ね^^; なんか哀しい。

とまれ、今現在進行中の「英雄たちからの挑戦」イベントでもパンドラさんの活躍が引き続いております。まず目指すは、魔術師のマリーアントワネット(光)の獲得ですね。それが終わったらナイトメア級にチャレンジしてみようかと。
今までナイトメアステージ周回なんて不可能だと思っておりましたが、それでもパンドラPTなら、パンドラPTならどうにかしてくれると信じて。

にしても。

甲斐姫をリーダーにしていたときも結構ありましたが、パンドラをリーダーにしてからフレンド申請の数が鰻登りです。すでにフレンド枠75を突破しておりまして。これ以上増やすと、今度は管理が面倒になるので増やすに増やせない状況で。

ま、嬉しい悲鳴ってやつですか。ゲーム開始当初とはドえらい違いです^^;
ただ残念なことに、申請ふくむ75人以上のフレンドにパンドラリーダーのプレイヤーさんはいないのですよね。もしもフレンド枠でパンドラを使えたら、LS相乗効果により「魔術師の攻撃力が4倍」という恐ろしいPTが出来上がるのですが。界王拳か。

残念ではありますが、それだけレアなヒーローを私が持っているということでもあるのでしょう。フルボッコの掲示板では4万課金しても出なかったという報告があるくらいですから。それを10連1発で引けたことに感謝すべきですかねぇ。ふむ。
| フルボッコH | 23:12 | comments(0) | - | -
フルボッコ
冷蔵庫の中にあった食材でありあわせの夕食を作ったら、そいつにあたっちまって行動不能に陥る管理人です。胃腸どストライク。
うん。やっぱ賞味期限は飛ばしても、消費期限くらいは守らなアカンなぁトニー。

閑話休題

最近になってソシャゲのブレイブフロンティアとチェインクロニクルの両方が円熟期に達して無課金ゲーとなりまして。もう配布石だけでガチャは十分ってやつですね。ブレフロはダイヤ130近く、チェンクロは精霊石120近くありますなぁ。アルカナコインにいたっては20万くらいあるので、ノマガチャなら1000回以上引ける計算です。回すだけで何時間かかることやらw

なので、今現在多少でも課金要素が残っているソシャゲは「フルボッコヒーローズ」だけになった管理人ですよ。

「フルボッコ〜」は他のソシャゲで腐るほど転がっているカードバトルでも、ブレフロやチェンクロのようなRPGでもなく、STGという珍しいタイプのゲームですね。

ぶっちゃけると「インベーダーゲーム」です。

世界各国古今東西の様々な「ヒーロー」が登場し、「騎士・獣人・魔術師・ゴーレム・ドラゴン・忍者・侍」などタイプによってショットの種類が異なるそれらヒーローを操り、襲い掛かるハニワ星人をやっつける――そんなゲーム内容ですかね。きっとたぶんおそらくは。
や、システムがインベーダーゲームである以上、ストーリー性がほぼ皆無なので。ゲーム開始しても、その辺りの導入パートとかほとんどありませんでしたし。ま、下手にストーリーつけるよりも、単純で分かりやすいほうがSTGらしいと私的指摘意見。

定期的にイベントとガチャフェアが開催されるので、そのたびにチマチマ課金してガチャを回しております。運営のアナウンスによると、どうやら累計課金額に応じてガチャの引きが良くなるシステムらしいですね。いっそ潔い運営方針ですことw 分かりやすくて気に入っております。
なので、ゲーム開始初期の頃こそガチャの内容で泣いたこともありましたが……最近の引きがあまりにも神懸かってきて、逆に不安になっているところです。ふむ。

ゲームを開始したのは艦これを止めようかと考えていた3月頃なので、もう4か月近くプレイしていることになりますか。結局、艦これは続けておりまして、さらにブレフロが復活したので私生活の圧迫感がパネェことになりましたが、はてさて。

とりま、今日はこの辺で止めまして。明日以降にお気に入りのキャラ紹介でもやっていこうかと思います。
今は作業優先せにゃならんので^^; やれやれ。
| フルボッコH | 22:53 | comments(2) | - | -
| 1/1PAGES |